元ホテル総支配人が伝える「結婚式・披露宴の賢い費用節約術

元ホテル総支配人が伝える
結婚式・披露宴の
賢い費用節約術

HOME | 見積り編 | 新生活までの予算書


たろうくんとはなちゃんの結婚準備物語


第1話:新生活までの予算書について(結婚式・披露宴費用の目安)

 

結婚式・披露宴の費用はずっと増える傾向にあります。特に初期見積りと式場見学だけで結婚式場を決めてしまうと、当初の予想以上に結婚式・披露宴の費用がふくらんでしまって、後で大きな後悔を味わうことになってしまいます。婚礼見積書の見方と注意点を十分理解して、後悔しない式場選びと賢い費用節約をするようしましょう。そのためにもまず必要なのが「新生活までの予算書」です。たろうくんとはなちゃんと一緒に「新生活までの予算書」の作り方を勉強してみましょう。


ねこ物語1
はなちゃん
    • GMおじさん、こんにちは!

たろうくん

    • こんにちは!

GMおじさん

    • おや、二人ともよく来たね。

はなちゃん・たろうくん

    • おじさん、今日から色々教えてくださいね。楽しみにしています。

GMおじさん

    • はいはい、きっと役に立つと思うから楽しんでいってね。

はなちゃん

    • おじさん、今日は何のお話ですか?

GMおじさん

    • 結婚式・披露宴費用の節約術をお話しする前に二人に聞きたいんだけど、「新生活までの大まかな予算書」は作っているかい?

はなちゃん

    • 「新生活までの大まかな予算書」?なにそれ?

GMおじさん

    • はなちゃんが「なにそれ?」と聞くということはまだ作っていないってことだね。「新生活までの大まかな予算書」というのは二人がこれから結婚して、新しい生活を始めるまでのお金の計画書のことだよ。大事なことだから簡単な表を用意したから見てごらん。

大まかな予算書
GMおじさん
    • この表は二人の今から、結婚して新しい生活を始めるまでの収入見込みや支出の見込みを大まかに書くための表なんだよ。

はなちゃん

    • へ~。正直言って何にも考えてなかったわ。ね、たろうくん。

たろうくん

    • うん、僕も何も考えてなかったけど、大事なことなんですね、おじさん?

GMおじさん

    • そうだよ。結婚すると決まったときに、将来のことを具体的に予想することは難しいけど、少なくとも新生活が円滑に始められる準備は必要だよね。特にお金のことは、独身の時と違って互いに責任があるから真剣に考えておくことが大切だよね。

    • さて、この表に合わせて分かるところは記入してごらん。

はなちゃん

    • まず現在の貯蓄額だけど、私の貯蓄額はちょっと少なくて100万円くらいだわ。たろうくんは幾らくらい貯めてるの?

たろうくん

    • え~と、50万円くらいかな。

はなちゃん

    • え!!たった50万円!

たろうくん

    • だって、会社の同僚との付き合いとかサッカー同好会の遠征費用とか、いろいろと出費がかさむんだよ。う~、反省します。

GMおじさん

    • まあまあ、とにかく現在の貯蓄額は100万円と50万円。記入欄に書き込むよ。

    • 次にこれから結婚式までに貯金できそうな見込み金額はどうだろう。結婚式までには約1年位あるからね。

はなちゃん

    • 毎月2万円を積み立てて、あとボーナス2回で30万円~40万円くらい。合わせて約60万円が貯蓄の目標かな。

たろうくん

    • ぼくも、はなちゃんと同じように毎月2万円で、ボーナスで30万円~40万円。合わせて60万円が目標です。

GMおじさん

    • それじゃ、二人の貯金はこれから1年間で60万円×2人=120万円と記入するからね。あと、ご両親からの援助も有ると思うけど、これはハッキリしないから空欄にしておきましょう。

    • 次にご祝儀だけど、これは結婚式のときのゲストが持参してくれるお祝い金だね。親族や友人、会社の上司同僚などで若干の違いはあるけど、全国的に3万円が平均だからこの金額かける出席者の人数で考えてみよう。披露宴の出席予定者は何名で考えているの?

はなちゃん

    • 親族を入れて総勢60名~70名くらいと考えています、おじさん。

GMおじさん

    • それじゃ、少ないほうで60名と仮定すると、ご祝儀は3万円×60名=180万円として記入しておきましょう。そして、その他収入は臨時収入だから今回は0にしておきましょう。

    • 以上の収入項目を合算すると収入総額は450万円ということになります。

たろうくん

    • へ~、すごい金額になったよ。450万円なんて今まで見たことがない! 

GMおじさん

    • ちょっと待った!喜ぶ前に支出金額も見てみようか。

    • まず「結納」だけど、これはどうするのかな?やるかやらないかだけど。

たろうくん

    • 親からはキチンとしたご挨拶をしなさい、って言われているから、結納は行いたいと考えています。いいよね、はなちゃん。

はなちゃん

    • う~ん、正直いってあんまり考えていないわ。お父さんとお母さんが何て言うか分からないけど・・・

GMおじさん

    • それじゃ、分からないけど一応結納費用の相場の20万円を記入しておこうね。

    • 次に両家の顔合せの費用だね。この予定はあるかい?

はなちゃん

    • うん、それは両親にも話していて、近いうちにどこかで食事しながら顔合わせをするつもりです。予算も5万円くらいかな。

GMおじさん

    • 次に指輪だね。指輪は婚約指輪と結婚指輪があるのは知っているね。婚約指輪はダイヤが一般的だけど、誕生石などを使った指輪の場合もあるね。まだ検討中だと思うけど、ここでは一般的な費用を記入しておこうかな。婚約指輪は新郎側が用意するから、たろうくんの担当だね。

たろうくん

    • はい、いろいろと考えています。ふう~!

GMおじさん

    • 次は披露宴だけどこれはちょっと飛ばして新婚旅行にいきましょう。新婚旅行のことは話しているかい?

はなちゃん

    • 新婚旅行はハワイにしたいなって、話しています。多分費用は50万円くらいだと思うけど・・・。

GMおじさん

    • それじゃ、パスポート取得費用やお土産の費用を加えて65万円としておこうか。

    • 次は新居の賃貸費用と引越しの費用だね。部屋を借りるのには家賃の他に敷金や礼金・仲介手数料が必要だから家賃の4ヶ月分くらいが初期費用になるんだ(注:地域や不動産物件によって違います)。家賃が5万円だと5万円×4ヶ月=20万円必要ということだね。それと、新居に引っ越すための引越し費用だね。これは時期にもよるけど10万円くらいは考えておいたほうがいいね。合わせて30万円を予定しておきましょう。

    • 次に新居の家具や什器の購入費用だけど、これはもう予定しているかい。

はなちゃん

    • えっと、冷蔵庫でしょ、洗濯機でしょ、テレビに電子レンジ、ベッドとソファ・・・おじさん、すみません、まだ考えていませんでした。

GMおじさん

    • ははは、二人で話して少しずつ必要なものをリストアップするといいよ。取りあえず家具と什器の購入予算を30万円としておこうね。

    • それと最後に予備費を50万円入れておこう。

はなちゃん

    • おじさん、予備費ってなにするのですか?
      大まかな予算書2

GMおじさん

    • 入ってくるお金は概ね分かっていて、突発的な収入はあまり無いけど、支出は思いがけないことで発生するからね。転ばぬ前の杖という言葉もあるから、予算に上げておく方がいいよね。取りあえず予備費として50万円を計上しておきますよ。

    • さあ、結婚式の披露宴費用を除いて支出の金額を書き込んだけど、支出の合計は幾らになったかな。はなちゃん、計算してごらん。

はなちゃん

    • え~と。250万円になるわ。収入が450万円だから差し引き残額は200万円になりました。

GMおじさん

    • ということは、結婚式・披露宴の費用は200万円が適当だ、ということになるね。もちろん、ご両親の援助があったり、予定以上の貯金が出来たりするかもしれないけど、現時点では結婚式・披露宴の予算は200万円という風に考えて準備するようにしましょう。 

はなちゃん

    • わかった!すごく良くわかったわ。こんな風に大まかな予算を作るだけで、作る前と比べて新しい生活のイメージが出来てきたわ!そしてこれから準備をしていく中で、少しずつ修正していくのね。

GMおじさん

    • そうだよ。これが二人の新しい人生の1ページだね。

    • 今後はこの中の結婚式・披露宴に絞って、費用を節約しながらも楽しい披露宴になるように勉強していくようにしようね。

まとめ) 第1話 新生活までの予算書について

 

  • 現時点から新生活を始めるまでの大まかな予算を決めて予算書を作りましょう。

  • 「新生活までの大まかな予算書」は超大事です。

  • 大まかな予算書を作ることで、結婚式・披露宴に使えるお金の限度が見えてきます。

  • また貯金の目標額や新居の準備などの輪郭も見えてきます。

  • 「新生活までの大まかな予算書」は適時修正していきましょう。

見積り編 記事メニュー
タイトル見積り編

プロローグ.結婚式・披露宴費用の概況

GM3
結納から新婚旅行までの婚礼費用は近年ずっと増える傾向にあります。 まず現在の婚礼はいくらかかるのか?大手婚礼情報誌ゼクシィの2020年版統計から見える費用の現況と問題点について・・・

第1話.新生活までの予算書について

ねこ第1話
当初の予想以上にふくらんでしまうのが婚礼費用。後で新生活に支障が出ないように、婚礼見積書の見かたと注意点を十分理解して、賢い節約をするようにしましょう。そのためにも必要なのが新生活予算書です・・・

第2話.初期見積りと最終費用の違い

ねこ第2話
最初にもらった見積りから費用が大幅に上ってしまった、という話は婚礼を挙げた人から必ず聞かれます。初期見積りと最終的な費用の違いはどうして発生するのでしょうか?後悔しないために必要な「見積り書の見方」・・・

第3話.見積り前にしておくべきこと

ねこ第3話
何の準備もしていないのに見積書をもらうのは絶対にNGです。見積書に隠された罠に掛からないためにも、事前の準備が必要です。事前の準備をすることで、賢く節約しながらも理想の結婚式を挙げることができます。

第4話.見積書のモデル様式とチェック項目

ねこ第4話
式場見学をしてもすぐに契約をしてはいけません。式場見学の前にあなたの理想を盛り込んだ見積書を作ってみると、実際に必要な費用が見えてきます。その見積書をベースに賢い節約をしながら、貴女らしい披露宴を作りましょう。

第5話.持込み料の賢いかわし方

ねこ第5話
婚礼費用が高くなる大きな原因の一つに「持込み料」があります。新郎新婦の希望に沿った結婚式・披露宴を行うためには、この理不尽な持込み料を避けて賢く立ち回る必要があります。その対処方法について解説します。