元ホテル総支配人が伝える「結婚式・披露宴の賢い費用節約術

元ホテル総支配人が伝える
結婚式・披露宴の
賢い費用節約術

HOME | 番外編 | ブライダルカウンター

ブライダルカウンターの比較検討について

自分の希望する結婚式場を探すためには是非活用しよう
 

結婚式場の多種多様なデータ・資料を示して詳しく紹介してくれる他に、結婚に関する様々な習慣や準備しなければいけない事柄を教えてくれます。賢く活用して結婚式・披露宴の費用を節約するようにしましょう。


「たろうくんとはなちゃんの結婚準備物語」では「持込み」が大きなキーワードになっていました。持込みの出来る式場を探す方法は幾つかありますが、一番効率的に探せる方法は「ブライダルカウンター」を利用する方法です。
既に皆様はよくご存知と思いますが、「ブライダルカウンター」とは結婚式場を紹介してくれる結婚式場紹介業者のことです。式場の多種多様なデータ・資料を示して詳しく紹介してくれる他に、結婚に関する様々な習慣や準備しなければいけない事柄を教えてくれます。しかも無料ときていますから利用しない手はありません。中には「きっと式場とグルになって指定された式場に誘導するんだ」という人もいますが、式場とブライダルカウンターの間には紹介手数料などの制度はありません。もちろんブライダルカウンターのホームページに掲載するには広告費を支払うところも有りますが、それは新聞雑誌などと同じビジネスの関係になりますので新郎新婦に不利になる心配はありません。
 
本編ではブライダルカウンター(式場紹介業者)についてお話しします。
ブライダルカウンターも色々あって、九州限定とか長野県限定などの地域限定ブライダルカウンターも有りますが、ここでは全国にまたがって活動しているブライダルカウンターを紹介します。以下の表をご覧下さい。
 
別表45
 
ご覧のように全国ネットのブライダルカウンターは3社です。いずれもしっかりしたバックボーンの会社で実績もあります。

1.トキハナ

 
「トキハナ」の特徴の中で特筆すべきは以下のとおりです。

    • 対面カウンターが東京に1ヶ所だけで、殆どの業務をメール・LINE・オンラインの非対面相談で行っている。

    • 最大の特徴は「持込み」に関する情報が多様で、持込み可能な式場の具体的な情報を持っていること。

    • メールやLINEなどで行われる相談には、元プランナーが自らの経験や知識に基づいて対応してくれる。見積りチェックや見積り診断もある。

    • 衣装店とのコラボでドレスの大幅割引きが可能。

    • GMおじさんが奨めている「持込み料を回避して費用を節約」する為には最も適したブライダルカウンターです。また、一々訪問しなくてもオンラインやメール・LINEでの相談ができることも東京以外の地域の方にとってありがたいと思われます。

    • カウンセラーが元プランナーというのも重要です。GMおじさんがそうであるように、経験に基づくアドバイスほど役に立つものはありません。

 

 
「トキハナ」のホームページ 
 

2.ハナユメ

 
「ハナユメ」の大きな特徴は以下のとおり。

    • 対面カウンターで直接相談に対応してくれる。(全国11ヶ所)

    • LINEやメールなどの他に電話での相談も受付けている。

    • 2次会のプロデュースが得意なようで、全国的に相当な実績がある。

    • 「ハナユメ割」という大幅な割引き特典を提供している。(式場にもよる)

    • 「ハナユメ割」は、挙式予定日の6ヶ月前くらいから式場では様々な割引き特典を出してくる、という実態を良く知っているプランです。このプランを使えば大幅な費用の節約が可能になることがあります。(但し、早めの式場予約を希望する人には適用されません)

 

 
「ハナユメ」のホームページ  
 

 3.ゼクシィ

 
「ゼクシィ」の特徴は以下のとおり。

    • だれでも知っている「雑誌ゼクシィ」の結婚式場紹介カウンターです。

    • 全国に対面カウンターが66ヶ所あり、オンライン相談よりも重要視している。

    • 紹介できる式場は全国の式場の大部分で、他のブライダルカウンターと比べて格段に多い。

    • 海外挙式などの情報もある。

    • ブライダルカウンターの長い実績があり、どこよりも安心して相談に行く事ができます。対面カウンターの数も66ヶ所と多く、じっくりと相談したい人にはお奨めです。但し、情報は多いのですが、「トキハナ」のような持込み料の無い式場の情報や「ハナユメ」のような割引きプランなどの魅力的な特徴はありません。

 
「ゼクシィ」のホームページ  

 
これらのブライダルカウンターを上手く利用して、持込み料を避けて費用を節約したり、割引きプランを利用して節約するなど、いろいろと頑張っていただきたいと思います。
 
なお、上記のブライダルカウンターでカバーしていない地域の方は自分で式場を探すことになりますが、念のために一度上記のブライダルカウンターに相談してみることをお奨めします。ホームページに掲載されていない情報があったり、これから新規に掲載予定の式場があったりするかもしれないし、式場以外の有益な情報をいただけるかもしれませんから。

タイトル番外編